BLOG TO THE DISTINATION

着物の種類は、どんなのがあるの?~礼装から普段着まで~

syuruitop
着物の種類は、ざっとわけて礼装用・おでかけ用・普段着用があります。 格の高いものから順にご案内していきます。

①黒留袖:既婚女性の第一礼装(正礼装)

tomesode1 結婚式・披露宴で、花嫁・花婿のお母様や仲人さんが着用する黒地・裾模様・五つ紋の着物です。引き返し(上前の裏布)にも必ず柄付けされています。昔は白の下襲と留袖を二枚重ねで着ていましたが、現代では二枚重ねて着ているように見える比翼仕立てが主流になっています。 ■おすすめシーン:結婚式・披露宴での新郎新婦の母親、仲人夫人

②色留袖:紋の数で黒留袖と同格の第一礼装~一つ紋の略礼装

irotomesode1 黒留袖と同じ裾模様で黒以外の色地のものを色留袖といいます。五つ紋のものは黒留袖と同格で、既婚・未婚を問わず着用OKの着物です。また、色留袖は順礼装の三つ紋や略礼装の一つ紋にして着る場合もあります。 ■おすすめシーン:結婚式・披露宴で新郎新婦の親族・主賓、叙勲、園遊会など

③振袖:未婚女性の第一礼装(正礼装)

furisode1 みなさんご存知のお振袖。華やかな総柄が多く、袂(たもと)の長い着物です。成人式に着て行く着物、というイメージが強いのではないでしょうか。あまり知られていませんが、振袖は未婚女性の正装です。結婚式のお招きには礼をつくした最高の装いです。 ■おすすめシーン:成人式、結婚式・披露宴で新郎新婦の未婚の親族、ゲスト側

④訪問着:順礼装・略礼装

houmongi1 縫い目で柄が途切れず一枚の絵のように柄付けされている着物です。着物の形に仮縫いした状態で絵柄を付けていきます。お袖、襟・肩・胸から裾まで絵柄が施されている総柄のものもありますし、肩・袖・裾にポイントをおいたような、すっきりとした柄付けのものもあります。裾回し(=八掛:裾の裏布)は共布で、留袖のように上前裏に絵柄が施されているものが多くあります。既婚・未婚を問わず着用できます。 ■おすすめシーン:結婚式・披露宴で新郎新婦の親族、ゲスト側、七五三、お宮参り、入学式、卒業式など幅広くご着用頂けます。

⑤付け下げ:順礼装・略礼装・よそ行き

tukesage1 肩山で絵柄が上を向くように計算して反物に柄付けを施した着物です。仕立てたとき、脇と背の縫い目で柄がつながりません。あっさりとした柄付けが特徴でしたが、この頃で上前衽と前身ごろで絵柄がつながるように柄付けした豪華な付け下げ訪問着と呼ばれるものも登場しました。裾回し(=八掛)は共布ではなく別布をつけます。 ■おすすめシーン:結婚式・披露宴のゲスト側、七五三、お宮参り、入学式、卒業式など、訪問着よりも控えめで、小紋よりも格を大事にしたいシーンなど。

⑥色無地:紋の数によって正装からよそ行きまで

iromuzi1 黒以外の一色で染めた着物を色無地といいます。絵柄は全くありません。色無地は少々特性のある着物で、現代ではあまり見られなくなりましたが五つ紋をつけると留袖と同格の第一礼装になり、三つ紋で順礼装、一つ紋で略礼装、無紋ではよそ行きまたは地紋によって小紋と同格に扱われます。留袖から付け下げまでの着物がすべて慶事用なのに対し、色無地は地紋と色によって慶事、弔事、両用と使い分けのできる着物です。 ■おすすめシーン:お茶会、その他紋によってオールマイティーシーンに対応可能。

⑦小紋:よそ行き・お出かけ着

komon1 上下を決めずに繰り返し柄付けされた着物が小紋です。総柄・とび柄、古典模様・現代風のカジュアルポップなものと様々です。普段着とされていますが、洋服が日常になった現代では、ちょっとしたお出かけやよそ行きに着ることが多くなりました。洋服のワンピースに例えられることの多い着物です。 ■おすすめシーン:結婚式の二次会、食事会、和のお稽古、観劇、観光など比較的カジュアルな場

⑧紬:お出かけ・普段着

tumugi1 繭から紡いだ糸を染めてから織った着物が紬です。平織でしゃっきり系の大島と真綿紬のほっこり系の結城が有名です。昔は、紬は養蚕農家が出荷できない欠損繭を自家用に紡いで織ったものでした。日常的に着られていましたが現代ではお食事会やお出かけ、お稽古などに着ることが多くなりました。 ■おすすめシーン:食事会、和のお稽古、観光などのカジュアルな場

⑨木綿・麻:夏のゆかた以外に、着物もあります。

13000
木綿のもので一番身近なのはゆかたではないでしょうか。昔は、ゆかたは部屋着・寝間着として着ていました。現代ではゆかたは普段着に、綿紅梅・綿絽などはよそ行きに。ほかにも先染めの格子柄の着物など意外と種類が豊富です。麻も、先染めと後染めの両方があります。ゆかた・綿紅梅・綿絽・麻は夏に着ます。先染めの綿着物は普段着として真夏以外の通年着ることができます。 ■おすすめシーン:花火大会、ランチ会、ビアガーデン、観光などカジュアルな場 ざっくりとご案内してきましたが、いかがでしょうか。着物の種類って、こんなにあるのね…とちょっと大変に思ってしまいますよね。でも洋服の種類とそれほど変わりません。ちょっとした疑問も気軽に和ぷらすのきものコンシェルジュにお聞きになってください。例えば洋服はスーツだけでも、リクルート用、入卒用、おしゃれ用、遊び用などいろいろありますし、Tシャツ、ブラウス、トレーナー、ワンピース、ツーピース、スーツ、ドレスなど種類も多く、形も色もさまざまです。着物も同じです。いえ、着物は素材と色柄で格が変わりますが形は同じです。着物が日常の生活とはなれてしまったので難しく感じてしまいますが、洋服に置き換えると、少しわかりやすくなるのではないでしょうか。 そんなお話なども交えながら「この着物は○○へ着て行っても大丈夫?」などのご相談も、きものコンシェルジュが承りますよ。 もちろん昔からの決まり事やしきたりもありますが、日本の伝統衣装は、広くて奥が深いです。ご一緒に楽しみましょう。

関連記事一覧

  1. kimonotpo1
  2. 106_tape-measure_02
  3. kimonotpo3
  4. kimonotpo2
  5. kon0
PAGE TOP